新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) 日本国内の発生状況を整理してみる(その20)


前回が8/23。約1週間が経過しました。非常事態宣言から21週間くらい経過しました。

PCR陽性者数/日の動きは、先週からの状況が継続しているようです。

・PCR陽性者の数は、7区間(7日)の移動平均を見ると、8/9にピークを迎え、減少に転じている。
・死者数の増加については、数人~十数人/日で継続。
・重症者数は増加しているものの、重症者数/入院者数では、約2%程度で変化がありません。

現時点の推移では、PCR陽性者数がピークアウトし、減少に転じています。
死亡者数/PCR陽性者数は、現状2%強、微増傾向にあります。
また、退院者数の推移もピークアウトし、減少に転じています。
このまま収束するような動きに期待したくなります。ただ、まだ推移を見てゆく必要はあるかと思われます。

5月に陽性者数が一旦収束方向になったとき、重症者数/入院者数の比は最大8%程度まで増加しました。
今後もそのような推移となるのか監視が必要ですが、もし重症者数も収束方向になり、重症者数/入院者数も5月あたりとは変わらない場合、いわゆる第一波というのと第二波というのの中身が異なっている可能性が出てくるかと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください