新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) 日本国内の発生状況を整理してみる(その23)


前回が9/14。約1週間が経過しました。非常事態宣言から24週間くらい経過しました。

PCR陽性者数/日の動きは、先週からの状況が継続しています。

・PCR陽性者の数は、7区間(7日)の移動平均を見ると、8/9にピークを迎え、減少に転じている。
・死者数の増加については、数人~十数人/日で継続。
・重症者数は増加しているものの、重症者数/入院者数では、約3%弱、3週間前まで微増傾向にありましたが、変化が小さくなってきており、これが継続しています。

PCR陽性者数がピークアウトし、減少に転じています。
また、退院者数の推移もピークアウトし、減少に転じています。
このまま収束するような動きに期待したくなります。現時点でPCR陽性者数は約500人/日、推移自体がのこぎりの刃のように推移(増減を繰り返している)しつつ、全体的に減の方向となっています。

イベントの開催制限が19日から緩和されました。が、そこに4連休です。緩和の具体策は連休明け、というのもちらほら。
「東京都は21日、都内で新たに98人が新型コロナウイルスに感染していることを確認した」と発表したそうですが、なんとなく連休に入って感染者数が大爆発していないというのがなんとなく悔しそうに見えるのは私が穿った見方をしているからなのでしょうか。
ちなみに、報道で言われている「感染者数」というのは正しくなくて、正しくは「PCR陽性者数」のはずなのですが、直そうとしないですね。この点。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください