新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) 日本国内の発生状況を整理してみる(その26)


前回が10/5。約1週間が経過しました。非常事態宣言から27週間くらい経過しました。

PCR陽性者数/日の動きは、先週から状況はあまり変化が見られません。

・PCR陽性者の数は、7区間(7日)の移動平均を見ると、8/9にピークを迎え、減少に転じている。
・死者数の増加については、数人~十数人/日ですが、減少傾向にはあるようです。
・重症者数は減少しつつありますが、ここ1週間くらいは横ばいと見てよさそうです。
重症者数/入院者数も3%程度で横ばいとなっているようです。

PCR陽性者数がピークアウトして減少に転じてきたと思いきや、9月中旬から現在までの経過では、移動平均を見ると横ばいの状況です。
前回までは、数値のふらつきと表現しておりましたが、どうも横ばいとなっている状況と見た方がよさそうです。

ただし、新規PCR陽性者数≒退院者数という状況が続いております。(ここ2週間くらい)
死者数も減少しているようです。

大きな変化が見られなくなってきているような状況ですが、以下のリンク2件をご紹介いたします。
当方、専門家ではありませんので真偽の程はなんとも言えませんが、ご参考になれば幸いです。

新型コロナ、第2波で年齢にかかわらず死亡率が低下したワケは?
NCGMが入院患者を対象としたレジストリ研究の中間解析結果を発表
2020/10/02 久保田文|日経バイオテク
https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/news/p1/20/10/01/07452/

学会トピック◎第68回日本化学療法学会総会
COVID-19重症・重篤、「RDT療法」で死亡激減
2020/10/07 三和 護=日経メディカル編集委員|日経バイオテク
https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/news/free/20/10/06/00063/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください