10年経過


あの大震災から10年が経過しました。
被災者の方々に心の平穏が訪れますように。黙祷。

相変わらず横浜市で計測されている線量を記録しております。
保土ケ谷区仏向西でのデータは引き続き公開されており、これをグラフにまとめております。
横浜市保土ケ谷区仏向西のモニタリングポストの線量も、概ね30uSv/h程度の値で動かず、下限に張り付いていますね。もうここから下がることはないのでしょう。
(ということは、元に戻っているということなんでしょうね)

東日本大震災は、2011年3月11日 14:46に発生しました。
宮城県牡鹿半島の東南東沖130km(北緯38度06.2分、東経142度51.6分、深さ24 km)を震源とする東北地方太平洋沖地震による災害およびこれに伴う福島第一原子力発電所事故による災害です。
地震の規模はモーメントマグニチュード (Mw) 9.0で、発生時点において日本周辺における観測史上最大の地震だそうです。
震源域は広大で、岩手県沖から茨城県沖までの南北約500 km、東西約200 kmのおよそ10万平方キロメートルに及び、最大震度は宮城県栗原市で観測された震度7で、宮城・福島・茨城・栃木の4県36市町村と仙台市内の1区で震度6強を観測されました。

当時、私は横浜市内にある6階建て相当の職場に居て、激しい横揺れによって机の上に立ててあったPCが将棋倒しになり、20インチクラスのCRTが何台も机から床に落下し、机の上の書類の山が雪崩のように崩れる中、揺れが収まるのを待っていました。天井が崩れたり、建物が壊れると大変だなぁ、と思いつつ。
幸い、職場の天井は落下することなく、建物の損傷もなく、電気やガスは止まって操業もできる状態ではありませんでしたが、とりあえず安全は確認でき、可能な者から帰宅することになりました。

帰宅してみると、SRC造11階建ての2階にある我が家は、電気、ガス、水道は止まっていたものの特にダメージがなく、少々安心してインフラの復旧を待つことができました。そうこうしているうちにガスや水道が復旧し、22時過ぎでしょうか、電気も復旧しました。
家族も帰宅できない者がおりましたが、連絡もつき、翌朝には帰宅できる目途も立ちました。

ネット上の情報にはずいぶん助けられました。停電がどこで起きているのか、鉄道は、道路は、と調べて有用な情報はほぼネット経由で入手しました。

幸いなことに、私と家族へのダメージはその程度、鉄道の運行復旧や職場の復旧などはありましたが、津波をはじめとした生死にかかわるような被害を受けた方々に比べたら
微々たるものではありました。諸々不安なことはありましたが、その程度で済んだことでどれだけ心身ともに楽になれたことか。

あれから10年、色々な思いはありますが、震災からの経過記事については一旦ピリオドを打とうと思います。
震災については忘れてはいけないし、まだ終わっていないこともたくさんありますが、ここで一区切りをつけて前を向いて行きたい。

東日本大震災|corsalibera 2011/3/11 22:18
https://corsalibera.live-on.net/2011/03/miscellaneous/earthquake20110311/624

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください