新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) 日本国内の発生状況を整理してみる(その28)


前回が10/19。約1週間が経過しました。非常事態宣言から29週間くらい経過しました。

PCR陽性者数/日の動きは、先週から状況はあまり変化が見られません。

・PCR陽性者の数は、7区間(7日)の移動平均を見ると、8/9にピークを迎え、減少に転じている。
・死者数の増加については、数人~十数人/日ですが、減少傾向または横ばいという状態が続いています。
・重症者数は2週間くらいは横ばいの状態です。
・重症者数/入院者数も3%程度で横ばいの状態です。

PCR陽性者数はピークアウトしたものの、先週に引き続き、9月中旬から現在までの経過では移動平均を見ると横ばいの状況です。
新規PCR陽性者数≒退院者数という状況が続いております。(ここ4週間くらい)

先週からの動き、という意味ではあまり変化が見られません。
今回は以下のような記事をご紹介します。

新型コロナウイルスの空気伝播に対するマスクの防御効果|東京大学医科学研究所
https://www.ims.u-tokyo.ac.jp/imsut/jp/about/press/page_00042.html

新型コロナ、絶滅の可能性低い=英科学諮問委|Reuters.
https://jp.reuters.com/article/idJPKBN276265

コロナ禍で減っている感染症と変わらない感染症 その要因を感染症専門医が考察|忽那賢志 Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/byline/kutsunasatoshi/20201025-00204624/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください